2006年06月20日

アナログフィッシュを取り巻く言葉まとめ 【か】

スパルタローカルズアベックツアー in 仙台 を終えて
ただのしかばねのようになったまま時が過ぎていますが、
アナログフィッシュの次回ライブは7月22日のナツフィッシュ
そういうわけでこれから約1ヶ月ほどの空白期間がありますので、
このすきに、淡々と言葉まとめを進めていきたいものだと
そう思ってはみたものの、考えてみたらアナログライブはなくとも
この1ヶ月間、他のライブがぎゅうぎゅう詰めでした。ぎゃふん。
できる範囲でがんばります。誰にも期待されていなくとも、ね。


------------------------------------------------------

■ガールフレンド(正式表記不明)
2006/11リリース予定の2nd.アルバムに収録予定の健太郎曲。
2006/5/2(火)「ライヴ・ジョントポール ポール・デイ」にて初披露。
「君」に見とれっぱなしの、これ以上ないほどの直球ラブが歌われています。
♪僕の歌を聴いて笑う君に負けたのです〜 というオチに至っては
あちゃ〜と思うほど思春期みたいな甘酸っぱさ。褒めてます。


■カウボーイ
髭、tobaccojuiceとのコンピレーションアルバムのタイトル。
2004/6/2発売。アナログフィッシュは「LOW」「TEXAS」を収録。
1st.シングル『スピード』に収録の「テキサス」とは
歌詞もアレンジも異なるので、聴いてみることをお勧めします。
是非。


■確信なんかなくてもいいよ
リイシューアルバム『アナログフィッシュ』に収録の健太郎曲。
ライブでは「LOW」から続けてこの曲に入ることが多い。
イントロ・間奏は変顔多発地帯につきある意味注意と心がまえが必要だ。
ひとことで言えば「ドゥヲー!」。そういう曲。


■家族の風景
2005/9/3(土)OTODAMA〜音泉魂〜のステージ外テントにて、
佐々木健太郎さんがこの曲の弾き語りをおこなった。
彼が大好きだというハナレグミの曲。超名曲だと思います。


■カラオケ
2006/9 現在、JOY SOUNDにはアナログフィッシュが30曲入っている。
すごい。

------------------------------------------------------


※上記言葉たちの補足ですとか、他にこんな言葉あるよとか、
そういう情報提供を受け付けています。
あなたの知っていることを、気軽な感じでメールにて教えてください。
いただいた内容を元に、後で記事を追記・修正させていただくなどします。
こちらのフォームからメールをくださるか、
noiz_ver2@yahoo.co.jp ←こちらのアドレス、いずれかをご利用ください。
よろしくどうぞ。

ただし内容によっては、掲載には不適切と判断する場合もあります。
そのあたりはご了承ください。
posted by れい at 20:30| Comment(0) | 言葉まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。