2006年08月08日

8月6日(日)「ROCK IN JAPAN FES. 2006」

やってきました夏フェスシーズン。
RIJF行ってきましたよ。楽しかったなあ。

全体の行程は後日こちらのブログで振り返るつもりなので、
当ブログではアナログフィッシュのステージについてのみ記します。
(今年は3日間フル参加でした)


アナログフィッシュのひとつ前に同ステージに出ていたtheピーズを見ていたので
(超かっこよくて楽しくて、ピーズ終了時点で私はだいぶ足元おぼつかなくなっていた)
そのままじっと待機していたの。ああもうとんでもなく前に居たよ。

スタッフがセッティングなどやってるのを見て、ああ今年はメンバーによる
サウンドチェックは無しかしら、とか思っていたら…出てきた出てきた(笑)
斉藤くんは本当に麦わら帽子が似合うなあ。のどかな風景に、完全に溶け込むよ。
太鼓をぽこぽこ叩いているうちに、健太郎くんも現れた。
もうジャケット着ている。大丈夫なのか。
「Hello」のイントロベースを弾き始めたら、ドラムも加勢して小セッション状態。

やがて下岡くんも登場。黄色の新アナログTに黒いカーディガン着て。
日焼け避けなのだろうけども…黒だよ、暑くないのかな。あ、でも全然汗かいてないな。
真の冷え性か。などなど、勝手にいろいろ気にするひとときを過ごすはめに。
カーデを脱いでギターを持ったら、だしぬけに3人実演奏によるサウンドチェックが。

私はバスタオルにくるまりきって、頭にはフェイスタオルをかぶって
お化けのものまねみたいないでたちでじっとしていたところ、
わわわ、ちょっと待ってよ!こうしちゃ居られない!と急に気を張り
タオルたちを脱ぎ捨てて瞬時に臨戦態勢へ。

ゆーぐれです、ゆーぐれです、ゆーぐれって サイレンがサイレンがなるー

アナログの出演するフォレストステージは、周囲を緑の木々がぐるりと囲むところで
4ステージのうちどこよりもほんわかした風景で、アナログフィッシュにベストマッチでね、
あんな中で聴いた ゆーぐれです はすごく気持ちよくて、いい思い出になりましたよ。
あ、これ、まだサウンドチェックなんだけど。

下岡くんが「次、何やる?」とか言って3人こそこそ話し合った後に始まったのが

わたーしのーことーをうーけーとめてー

「LOW」のサビですよ。びっくりするよ。
ああ。ああ。なんでそんなに出し惜しまないのか。
始まる前から浮かれちゃってしょうがない。

サウンドチェックでひとしきり楽しくしてくれたところで
健太郎くん「まもなく始まります。おたのしみにー!」
わんぱくに叫んではけてゆく。開始まで残り数分、に迫ってました。

あ、ステージ袖にはけた下岡くんが、なにやらスタンディングエリアへ
しきりに携帯を向けていたので、たぶんあのひとステージから見た風景を
撮影していたと思うよ(笑)


15時50分。たぶん定刻どおりにスタートしてると思う。時計見てないけど。

3人揃ってひょこひょこ登場、中央に集まった3人会議では下岡指揮官が
「じゃあ、楽しんで、いこうー」みたいなことを大きな声で言って持ち場についた。
(彼らの3人会議で話してることが聴こえたのなんて、たぶん初めてだ)

ぱー。ぱー。ぱー。シティ。
「City」始まりだよ、ゆるやかにアゲてくれる感じの幕開け!

次。「Living in the City」。
ああ、今日はことさら爽やかに聴こえる。野外だから?野外だからなの?
ふわぁ〜 とさせてもらったところで、「アンセム」が始まったようです。
(正しい曲順の記憶がなくて困ります)


一瞬の静寂の後に健太郎くんが突然、叫んだの。
「夏だ! プールだ! ア ン セ ム だ ー ー − ! 」…なんだこれ?(爆笑)

そんな爆笑をしたのも束の間、本当に束の間だった。
このアンセムタイムで、涙がこぼれてしょうがなかった。
汗と涙の区別もつかない暑さでよかったよ。誰にも気づかれていない自信がある。

この曲を、この空間で聴ける日を、私は心底、ずっと楽しみにしていたんだよな。
想像していたとおり、スコーンと真っ直ぐに、でっかく響き渡っていたよ。

♪ハミングが溶けだす 地球の午後 Say hello 〜 から
私の背中にぶわーっと何かが走っちゃって、
♪うたーをーうーたーうー で私は初めて、この曲で腕が挙がっていたの。

アナログ曲で「この曲のここで腕を振り挙げる」みたいな固定の設定は私にはなくて、
無意識の衝動に任せてるとこあるから、自分のアガり方は毎回予想がつかなくて。
今まで「アンセム」はわりとおとなしめに聴いてきたので、今回の突き動かされる感じには
少しびっくりしてしまったな。自分にびっくりだ。


どーも。アナログフィッシュです。
…このあと、他に何か喋ってたかなあ?ひとつも覚えてないや。
ようやく小休止、健太郎くんやっとジャケット脱げるよ!よかったね!(笑)

ベースを置いてジャケットを脱ぐ健太郎くんを見て斉藤くん「…脱ぐの?」
場内、笑いが起きる(笑) そりゃ脱ぐよ!いつも脱いでるじゃん!(笑)
やっとジャケットを脱げた健太郎くん、いつになくシャツがぴったぴたに張り付いて
しまっていて、彼がいかに尋常でなく暑い思いをしていたかが垣間見られた…(笑)
おつかれさまでございます。
でもせっかくスタッフさんがセッティングしてくれたタオルを
あのひと一切使わないんだよな。汗をぬぐってみたらいいのに(笑)


で、アゲてく感じがまるで途切れないのな、「Hello」が始まるよ。
イントロわりとコンパクトめ。今日はサクサクッといっぱい曲をやりそうです。
今までアホほど聴いてきている曲だのに、どうしてこうまで楽しいかね。

まだまだ止まりませんよー
「Do you still need BGM?」「No,thank you!」
「Do you still need BGM?」「No,thank you!」
2回目のコール、下岡くんもっすごい声張った(笑)
斉藤&健太郎「ノーサンキュウーーーーーーぅ」伸ばす伸ばす。
楽しい楽しい。「Hello」から通してキャッキャキャッキャと踊る感じ。


健太郎くん満を持した顔して「スピード!」
「とっておきのやっちゃうよ」って顔に書いてあるような、いい微笑みしてたよ(笑)
もうね、これはのっかるしかない。無心になってガクガク踊る。

たぶん「スピード」の間奏だったと思うんだけど(別の曲かもしれないなあ…)、
健太郎くんが中央前方でヒザをついてポーズ取りながらベースを弾いていて、
その横のアンプの上に下岡くんが、直立でちょこん、と立って平然とギターを弾いていて、
そんな2人に、なんだこの絵ヅラ? と思って笑ってしまった。おかしくてたまらなかったの。
アンプの上に立ってるくせにソークールな下岡くんと非常に暑苦しい佇まいの健太郎くん、
そんな2人の対比も激しく面白くて、ああもう、あの奇跡的な瞬間を私は忘れたくない(笑)

ラスト近辺の間奏、最高潮に盛り上がるくだりでは、
下岡&健太郎の向かい合ってのじゃれあいみたいのがね、良いよね。
汗びたしの健太郎くんのふところへためらいなくとびこめる下岡くんとかがね(笑)
ああ楽しい。いろいろ楽しいよ。

MC。新しいアルバムがほぼ、できあがりました。
タイトルとかはまだ決まってないけど、年内には出せると思うんで、
どっかで見かけたらよろしくお願いします。そんな話。
下岡くん「すごいのが、できました。(付け足すように)…僕の中では」
今日も謙虚なひとだねえ(笑)

最後に下岡くん、
「今度は都内のライブとかいろんなとこで、またみんなと会えたらうれしいです」
みたいなことも言った。


あと、「Rock is Harmony で、いきますよ」みたいな感じのこと言って
ラスト曲に入ったような覚えがなきにしもあらずなんだけど、気のせいかもしれない。

ラストを「世界の幻」でしめくくりましたよ。まさに Rock is Harmony でしょう?
最近あんまりやってなかったしフェスで聴けるつもりもなかったし、ひゃあ!ってなった。
目下の代表曲をぜーんぶやり遂げたうえでこんな曲叩きつけられちゃえばさ、
「フェス仕様のセトリ」とか軽々しくざっくりまとめられなくなるもんな。
全く文句のつけどころがないセトリになってましたよ。かなわねえ。
それはそれは素晴らしいハーモニーでした。ありがとうありがとう。今日もありがとう。
7曲やったよ。7曲も。30分でこんなに聴けたのは、私は初めてじゃないかな。


30分フェスステージでこんなに素敵なサムシングを見せてくれてしまうようでは、
ライジングの50分ステージはどんなことになるのか、本当に楽しみでしようがない。
その前に、今週末はOTODAMAがあるの。これも持ち時間30分がいいとこかな。
3週続けてアナログフィッシュ。しかもオール夏フェス。この幸せ、どうしてくれようか。


ああ。
たった30分ほどのライブの思い出だのに、どうしてこんなに長い話になるかね。
驚きのしつこさ。


---セットリスト---
City
Living in the City
アンセム
Hello
BGM
スピード
世界は幻
posted by れい at 00:34| Comment(2) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅ればせながら、お久しぶり様でした!本当、あの何万人の中で会えるとは思いませんでしたよ。
久し振りにアナログフィッシュのライブを見たら、スッキリしました!嬉しいです!
10月の宇都宮、もし行く予定でしたらまた踊りましょう♪ちなみに9月のセカイイチも行きます☆
Posted by ma at 2006年08月10日 21:12
どうもどうも。レス遅すぎてごめんなさいねえ…。
とうとう夏フェス行脚が終わりまして、ようやく一息つきました。

でかいフェスでもね、特に事前に連絡とらなくても
意外とうまく会えるもんですよ(笑)
ロッキンもライジングも、しっかりライブ仲間と会えてました。

9〜10月はアナログ出演ライブが多すぎるため、宇都宮はパスする予定です。
9月のセカイイチも行きたかったんだけどねぇ…。
みんなこぞってライブやりすぎですよ、行ききれなくて困る(笑)
Posted by れい at 2006年08月22日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。