2006年08月22日

8月19日(土)RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006

さあさあ
私の夏フェス行脚 最終章、ライジングサン
行ってきました

本当に、行ってよかったー

アナログフィッシュに限らず、
さまざまなひとびとに
いい夢みさせてもらったよ。
たのしかった。最高です。

さて、いつものようにここではアナログフィッシュ絡みのみ記します。
他は、メインブログのほうで綴る予定です。

アナログ出演の2日目。
10時半頃には会場に着いていて、11時にサンステージ方面にシート敷いて
しばし休んだのち、さてアナログ出演のアーステント近くの飲食ブースで
まずはご飯でも食べるかね、ということで12時過ぎにアース方面に向かう道中、

つたえたいことはそらにあってー

健太郎さんのでっかい声が聴こえてきた。

おお、今日もリハから元気に歌っておるわい、と私の頭ん中の小さい自分が
なぜだか長老キャラでひとりごちつつ飲食ブースを物色していると、

きみのすむたうんはどうー

…あれっ!?

「Town」のサビやってるうー!
サビだけとはいえ相当久しぶりに聴いたよこの曲。
ああ、アース付近でご飯としゃれこんでいてよかったなあ。
あとはRIJF、OTODAMAのリハと同様「LOW」「夕暮れ」のサビもやってました。

ビーフストロガノフをぱくつきながらステージの見えぬところでリハを聴きとどけ、
さあもう休息は十分だと腹の決まったタイミングで、アーステント突入。
いつものように、CAKEの「Pressure Chief」が流れてました。

開演直前、わらわらと現れて位置についた警備スタッフが…主に屈強な外人たち(笑)
アーステントは軒並みハードな出演者ばかりだったので、あんな馬力ありそうな人々を
取り揃えてあったのでしょうが、あのマッチョなセキュリティースタッフたちが
取り乱す客など発生する予定のないアナログライブをわざわざ守ってくれる、という状況が
おかしくてしょうがなかった。貴重な絵ヅラだったと思う。
ああ今この状況すごく面白いと思いながらセキュリティースタッフを見つめていたら、
その外人さんの1人が、最前付近の客となにやら和やかな感じで会話していたよ?(笑)
何喋ってたんだろうな。きになる。

ちなみにそのスタッフ、ライブ中もずいぶんリラックスしたていでにこにこだったよ。
アナログステージじゃあ、別に彼らの仕事ないもんな(笑)


WESSのかたとエコ関連のかたのお話があったあと、アナログフィッシュ登場です。
登場SEはフレーミングリップス。これといい開演前のCAKEといい、
なんだか普段のライブと同じ感じだったおかげで、客の私が妙にリラックス。
(こういう大舞台だと、開演前はばかのようにどきどきしてるとき多いんです…)

下岡くん「今日ここでやれて本当にうれしいです」みたいなこと言って、
場内わーっとなって、スタート。

1曲目「バタフライ」…!
わー。わー。フェスで「らっせー!」できる日が来るなんて思ってもみなかった。

そして、8/15・16にキャプテンストライダムとツーマンで回った鹿児島&福岡公演と
たぶんセットリストほぼ同じだろうなと思う。それなら大変だ、かなりの素敵セットリストだよ。
想像しただけでおかしくなっちゃいそう(私が)。

2曲目「世界は幻 」…!!
ああー、フェスでこんな展開を体験できることも、思ってもみなかった。
はるばるエゾまでやってきて本当によかったと思ったよ。この時点で。


次。イントロドラムに合わせて健太郎さん、センターでなまめかしさを演出しながら
ストリップ感覚でジャケットを脱いだ…(笑)
えーなんでシャツをパンツにインしてんのー!と思ったら、
びゃびゃっとシャツの裾を出しがてら、ついでに腹も出したよ(笑)
なにをやっているんだ。さらに自分の立ち位置に戻る道中で
不思議なポーズをいくつかキメるなどして、「確信なんかなくてもいいよ!」シャウト。

最初の2曲をじっくりと聴いてきた経緯も手伝って、場内急激にアガったよ。
そして健太郎さんの変顔がねー、今日も花盛りだねー。


どこでMC入ったか覚えてないのだけど、さらにどんな流れで出てきた話か忘れたけど、
何かの話の流れで斉藤くんが すくっ と立ち上がって「だって、セキュリティーだもん!」と
着用Tシャツをアピール。あー!あの屈強な警備スタッフたちと同じTシャツ着てるよ!(笑)
胸には「SECURITY」の文字。気に入って、おねだりしちゃったか。
たしかにおしゃれなプリントだったけどな(笑) そして下岡くん拳を挙げて「みんなを守るぞー!」
うん、なにやらすごくかわいいけど、あなたはセキュリティー着てないね(笑)


たぶん「確信」のあとに「スピード」やったような、気が…します。
なせだかいつも「スピード」をどのタイミングでやったのか、思い出せないんだよ。不思議。
たのしいたのしい。このあたりで後ろのお客たちが前に詰めかけてきて、
あ、そうはいっても穏やかなもんですよ(笑)、凄くいい感じの盛り上がり。


「Hello」「BGM」とたたみかけて、完全に押せ押せわっしょい。
私のまわり、みんな本当にたのしそう。
♪ハローハローハロー … ハロー!! んとこで下岡くんが右手をひらひらさせて
お客を煽る姿、あれ大好きだ。今後もずーとやり続けてほしいくらい。


このMCもどこで入ったか覚えてない。新しいアルバムの件。
11月末には出したいなあ、と思います。という話。
斉藤くん「ここで新しいアルバムについてうちの佐々木健太郎が
是非言いたいことがあるそうなので、佐々木さん、どうぞ」なにこのひどい感じのフリ(笑)
健太郎さん「ありがとうございまーーーーーす!(底抜けのわんぱく感で)」
下岡くん「……それだけ??」
健太郎さん「他に何も思い浮かばなかった」
斉藤くん「(リリース前なので)まだ買ってもらってもいないのにね」
ああひどい、ああひどい、斉藤さんのいじわる!(笑)

それと「このあと17時10分からと18時から、佐々木健太郎が弾き語りをやります。
17時10分はボヘミアンガーデン、18時はタワレコブース前で。
奇特な方は見に行ってやってください」
ええー! タワレコブースはまだしもボヘミアンてこの会場の最果てだよ、
たぶん辿り着けない…。ていうか「奇特な方」てー!(笑)


下岡くん「そろそろ新しい曲やります」って言ったような。
「Living in the City」そして「アンセム」。
夏フェスで「アンセム」聴くのも今年はこれで最後だろうな、と思ったら
なんだか余計にグッときてしまったよ。
アナログフィッシュよありがとう、あなたがたのおかげで今年の夏もたのしかった。
そんな気分で聴いていたおぼえがあります。


「最後の曲です」「えー!」のタモさん的やりとりを経て、ラストに「出かけた」。
この曲で終わる感じは格別で、静的錯乱みたいな下岡くんの様子とか、たまらない。
私は「ただのバカ騒ぎでは終わらない」アナログライブが大好きだ。最高の幕切れだな。

終演。ひょこひょこっとした足取りで去っていきました。
やったったー みたいな軽いバンザイをしながら(笑)


ああー たのしかったーーー


最高な感じの盛り上がりでした。今年もステキサマーを満喫できたよ!
ライジングありがとう アナログフィッシュありがとう
本当に本当に、最高の夏フェスクライマックスでした。忘れたくない思い出がまた増えた。



… …



そして時間は飛びまして、夕方。

アナログフィッシュであんなにも満足した私でしたが、15時40分からの髭ちゃんで
さらなる大炎上をしてしまい、髭ちゃん終演16時半。
さっき言ってた健太郎弾き語り、17時10分からボヘミアンガーデン。

パッと見40分も空き時間ありますが、髭ちゃん出演のステージからボヘミアンまで
徒歩30分ではおさまらない距離らしいこと、また髭ちゃんへのあまりの全力投球に
しばらくまともに歩ける気がしなかったので、健太郎弾き語り・ボヘミアン編は諦めた。
私がいくら健太郎大好き人間だからといって無理なもんは無理だ。

結局、グリーン近くの飲食エリアで30分間動けず。
やっとこさっとこ18時にタワレコブース前に行ったらけっこうな人だかりで、
あー何も見えないけどまあ音だけ聴ければいっか、とさっくり割り切ったところで
その人だかりたちがサーッと体育座りをしてくれてしまって、
ブース内で今にも弾き語ろうとする健太郎さんが、丸見えになった(笑)

どうせ何も見えないと思ってごはん買って食べ始めたとこだったので、
いきなり視界が開けてあわあわしてしまったよ。

タワレコブースでは、「アンセム」と「ナイトライダー」の2曲のみ。
「ナイトライダー」では声がガラっていて、今夏のイベントラッシュは
さぞ苛酷だったのでは、などと勝手にいろいろ思いを馳せてしまったよ。
声の調子乱し気味なとこを聴いたのひさしぶりだったから。
しかも9月以降もライブ出ずっぱりだもんな。大丈夫なのかな。

ん。夕暮れどきに、穏やかな時間を過ごさせてもらいました。
お客の誰かがシャボン玉吹いてくれて、すこぶる素敵な空間になってた。
この後、タワレコブースでCD買ったひと向けだったのかな?サイン会やったみたい。
私は弾き語り後すぐ撤収しました。


…そんなこんなで、これにて私の夏フェス行脚・アナログフィッシュの巻、終了です。
これで、アナログライブ行くのはしばらくお休み。次はたぶん9/22のダイノジイベント。
「アンセム」シングル封入ハガキ応募による当選者限定ライブは見事にハズれましたので。
けっこうダメージでかいです。当日は家の隅っこで体育座りでもしてます。
posted by れい at 01:52| Comment(4) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつもこっそり覗かせてもらってます。
ライジング私も行きました。楽しかったですね!
最後の「出かけた」にやられて帰ってきました。

私、開演前にセキュリティースタッフの外人さんと和やかタイムを過ごしたうちの一人ですが、マジックを披露してくれましたよ。

また遊びに来ますね。
Posted by スギ at 2006年08月23日 16:35
>>スギさん

ええー! マジック披露だなんてすてきー!!
あんな大きなかたが、お茶目だわ…(笑)
いいなーいいなー、私もあっち側に居たらよかったなー。

どうもどうも、遅ればせながら はじめまして!
初の本州越え遠征だったのでドキドキでしたが、
もう、本当に行ってよかったですライジング。
また来年…とか思ってしまう空間ですね。

ではでは、今後ともよろしくどうぞ!
Posted by れい at 2006年08月23日 22:16
はじめまして。mixiからやってまいりました。
読んでいて蝦夷のあの興奮を
じんわり思い出して心震わせておりました・・。
らっせー!とはじまってそこからとにかく気持ちが良かったとしかいいようがないくらい幸せでした・・!
いい空間でしたね♪

ではでは、またお邪魔させてください。
Posted by ヨタ at 2006年08月28日 21:02
>>ヨタさん

やあやあ、はじめましてー

バタフライ&世界は幻でじっくりアナログワールド作っといて
3曲目確信ではじけるように一斉に盛り上がったフロアの空気が
忘れられないです。素敵展開だったなー

屋根のないとこで見られたらもっと爽快だったろうに、
なんてことを思ったりもしますが、そこまで欲張ったら
バチがあたりますね。

ではでは今後ともよろしくおねがいしますー
Posted by れい at 2006年08月30日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。